12 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 02

うえおか康彦活動日誌

山口県議会議員上岡康彦の活動日誌

やまぐち食の安心・安全メール  

やまぐち食の安心・安全メール

■山口県(廃棄物・リサイクル対策課)からのお知らせ

県では、食品廃棄物の排出抑制・減量化に向けた取組の一環として、次のとおり研修会を開催します。
ぜひご参加ください。(申込みが必要です。)

[日時]平成26年2月18日(火) 午後1時40分~4時

[場所]山口県セミナーパーク 大研修室(山口市秋穂二島1062)

[内容]研修会「今こそ見直そう!MOTTAINAI」
①講演(午後1時40分~2時20分)
 「日本の食品ロスとフードバンク活動」
 講師:NPO法人あいあいねっと 理事長 原田佳子氏
②映画上映(午後2時30分~4時)→山口県初!
 ドキュメンタリー映画「もったいない!」

※詳細こちら
http://www.pref.yamaguchi.lg.jp/cms/a15700/24shokuhin/kennsyuukai.html
クリックすると詳細がごらんになれます。
関連記事

Posted on 2014/01/31 Fri. 16:12 [edit]

category: お知らせ

TB: --    CM: --

31

不妊を考える集い「もっと知りたい!不妊のこと」を開催します 

不妊を考える集い「もっと知りたい!不妊のこと」を開催します

 子どもを生みたいと望まれる方が生みやすい環境づくりを目指し、これまで不妊専門相談を行うとともに、平成16年度からは不妊治療費の助成を行っているところですが、さらに多くの方に不妊についての理解と関心を深めていただくため、不妊を考える集い「もっと知りたい!不妊のこと」を開催します。

1 日 時

   平成26年3月9日(日曜日) 13:00~17:00

2 場 所

   山陽小野田市民館(山陽小野田市栄町9番25号)

3 内 容
12:30~
開場

13:00~13:40
◆講演 「不妊治療の現況」

<講師> 山口県済生会下関総合病院産婦人科科長  高崎 彰久

13:50~14:10
◆講演 「不妊症に対する行政からのサポートとその実績」

<講師> 山口県立総合医療センター婦人科診療部長 中村 康彦

14:20~15:00
◆講演 「男性不妊の原因とその治療法」

<講師> 山口大学医学部附属病院泌尿器科講師    白石 晃司

15:20~17:00
◆不妊専門相談会(個別相談・予約制)

<相談対応者>

・綜合病院社会保険徳山中央病院産婦人科部長

伊藤 淳

・山口県立総合医療センター婦人科診療部長

中村 康彦

・山口大学医学部附属病院総合周産期母子医療センター准教授

田村 博史

・山口県済生会下関総合病院産婦人科科長

高崎 彰久

・山口大学医学部附属病院泌尿器科講師

白石 晃司(※男性不妊)

・臨床心理士・生殖心理カウンセラー

今井 佳子

4 その他

  入場は無料です。

  15時20分からの不妊専門相談を希望される方は、事前にお申し込みください。

   ※申込状況により、ご希望に添えない場合があります。

5 お問い合わせ・お申し込み先

  山口県健康福祉部健康増進課 母子保健・感染症班

  〒753-8501 山口市滝町1番1号

  TEL 083-933-2947  FAX 083-933-2969

  E-mail a15200@pref.yamaguchi.lg.jp
関連記事

Posted on 2014/01/31 Fri. 11:27 [edit]

category: お知らせ

TB: --    CM: --

31

通学路の安全確保に向けて 

通学路の安全確保に向けて
教育庁 学校安全・体育課

子どもたちが充実した学校生活を送るためには、通学路の安全を確保することが不可欠です。

そのためには、「交通安全」のみならず、「防犯」「防災」の3観点から総合的に安全を確保する必要があり、また、学校の対応だけではなく、保護者や地域はもとより、警察・道路管理者等関係機関と緊密に連携し、地域ぐるみで安全対策を推進することが重要です。

このため、県教委では、このたび、学校が保護者や地域の方々に協力をお願いする際や共通理解を図る際などに活用する参考資料として「通学路の安全確保に向けて」を作成しました。

通学路の安全確保に向けて (PDF : 1MB)
http://www.pref.yamaguchi.lg.jp/cmsdata/f/5/8/f58e97f5fb4ad8c30fb65304091acbeb.pdf
クリックすると詳細がごらんになれます。
関連記事

Posted on 2014/01/31 Fri. 11:24 [edit]

category: お知らせ

TB: --    CM: --

31

メルマガ周南警察 

●犯罪は減少傾向
周南警察署管内(平成25年中)の全刑法犯の発生件数は905件で、平成24年中に比べ-86件(-8.7%)と減少しています。
●確実な鍵掛けを!
 昨年も無施錠による盗難被害が多発しました。
 自転車盗の約80%、車上ねらいの約75%、侵入盗の約50%が無施錠被害です。
 犯罪被害に遭わないために「鍵かけ」を徹底しましょう。

添付1: https://mm.police.pref.yamaguchi.lg.jp/mailmag/sys/return.php?p=201401301625031167294560.pdf
クリックすると詳細がごらんになれます。
関連記事

Posted on 2014/01/31 Fri. 09:04 [edit]

category: 防犯交通安全情報

TB: --    CM: --

31

メルマガ周南警察 

【高齢歩行者被害の交通死亡事故発生!】
~今年の死者3名はいずれも高齢者(すべて80歳代)~
 平成26年1月29日(水)午前1時22分ころ、岩国市の県道上で、中型貨物車(30歳代男性運転)と、高齢歩行者(80歳代男性)が衝突し、高齢歩行者が亡くなる交通事故が発生しました。
 今年に入って、交通事故で3名の方が亡くなられていますが、いずれも高齢者の方です。
 高齢者を交通事故から守るため、道路を利用するすべての人が思いやりある運転(行動)に努めましょう。

添付1: https://mm.police.pref.yamaguchi.lg.jp/mailmag/sys/return.php?p=201401301600014274880799.pdf
クリックすると詳細がごらんになれます。
関連記事

Posted on 2014/01/30 Thu. 16:19 [edit]

category: 防犯交通安全情報

TB: --    CM: --

30

ノロウイルスなどによる感染性胃腸炎の予防について 

ノロウイルスなどによる感染性胃腸炎の予防について

≪症状≫

・嘔吐、下痢が主症状ですが、その他、軽度(37~38℃)の発熱、腹痛など個人差があります。
・乳幼児や高齢者など体力の弱い方は、下痢、嘔吐などで脱水症状をおこすことがありますので、注意が必要です。
・通常、1週間以内で回復しますが、症状回復後も1週間程度はウイルスの排出が続きます。

≪原因病原体≫

・ウイルス(ノロウイルス、ロタウイルス、アデノウイルス)

(参考)

 細菌(カンピロバクター、病原性大腸菌、サルモネラなど)

≪感染経路≫

1.食品や水を介しての経口感染
2.吐物、便を介しての接触感染(二次感染)

≪潜伏期≫

ウイルス

ノロウイルス(1~3日)、ロタウイルス(1~3日)

(参考)細菌

カンピロバクター(2~11日)、病原性大腸菌(12~72時間)、サルモネラ(12~36時間)

≪治療≫

ウイルスが原因の場合には、対症療法が中心となります。また、細菌によるものであれば、抗生物質などが有効です。

●予防
1.帰宅時や食事の前、トイレの後に、石けんでよく手を洗いましょう。
2.感染した人の便やおう吐物には、直接触れないようにしましょう。
(使い捨ての手袋やキッチンペーパーなどをつかって処分しましょう。)
3.調理をする場合は、よく加熱(85℃、1分間以上)しましょう。


1 ノロウイルスとは

・ ウイルスの中でも、小型の球形ウイルスで、人の体内でしか増殖しない。
・ 感染力が強く、少量のウイルス量でも感染する。
・ 低温状態でも長く生き延びるため、冬季に感染性胃腸炎を多く発生させる。

2 ロタウイルスとは

・ 人から人への感染が主となる。
・ 冬季の乳幼児の下痢症の原因として最も多い。
・ 嘔吐は1~2日続き、下痢は、白色を呈する。

3 吐物等の処理の注意点

二次感染予防のために、以下のような注意が重要です。

1.吐物等の拭き取り、汚染された衣類等の片付けの際には、ビニール手袋やマスク等を用いて、直接の接触を防ぐ
2.吐物等の拭き取りに使用したペーパータオル等や汚染された衣類等は、衛生的に廃棄するか、捨てられないものは塩素系漂白剤または熱湯でつけ置き洗いする。
3.吐物のあった床等は、次亜塩素酸ナトリウム(塩素濃度約200ppm:市販の塩素系漂白剤の塩素濃度は5~6%なので250倍に希釈)で浸すように拭き取る。(塩素ガスの発生に注意)
4.吐物等を処理した場合は、必ず十分な手洗いとうがいを行う。



6 相談先 

ご相談は、下記の窓口にお尋ねください。
相談窓口
電話番号

岩国健康福祉センター(岩国環境保健所)
0827-29-1521

柳井健康福祉センター(柳井環境保健所)
0820-22-3631

周南健康福祉センター(周南環境保健所)
0834-33-6423

山口健康福祉センター(山口環境保健所)
083-934-2533

山口健康福祉センター(防府支所)
0835-22-3740

宇部健康福祉センター(宇部環境保健所)
0836-31-3200

長門健康福祉センター(長門環境保健所)
0837-22-2811

萩健康福祉センター(萩環境保健所)
0838-25-2663

下関市立下関保健所
083-231-1530

山口県健康福祉部健康増進課
083-933-2956
関連記事

Posted on 2014/01/30 Thu. 12:40 [edit]

category: お知らせ

TB: --    CM: --

30

気象防災情報 周南市 

平成26年 1月30日03時37分 下関地方気象台発表

山口県の注意警戒事項
 西部、北部では、31日未明まで強風に注意してください。山口県では、30日朝から30日夕方まで急な強い雨や落雷に注意してください。


===================================
周南市 [発表]雷注意報 
 雷 注意期間 30日朝から 30日夕方まで
 付加事項 突風
関連記事

Posted on 2014/01/30 Thu. 09:46 [edit]

category: 気象防災情報

TB: --    CM: --

30

メルマガ周南警察 

 広島県下でオレオレ詐欺連続発生!!
 管内に波及の可能性大
 警察官や銀行協会を名乗る男から「詐欺犯人を捕まえたところあなた名義の通帳を持っていた」「現金を引き出されるかもしれないので私に渡して欲しい」などと電話があったら詐欺です。
 だまされないで!!!

添付1: https://mm.police.pref.yamaguchi.lg.jp/mailmag/sys/return.php?p=201401291551579279321744.pdf
クリックすると詳細がごらんになれます。
関連記事

Posted on 2014/01/30 Thu. 09:35 [edit]

category: 防犯交通安全情報

TB: --    CM: --

30

メルマガ周南警察 

 市内のAさん(60代・女性)は以前未公開株を購入していましたが、「特定金融商品廃止条例により未公開株の取引ができなくなる」といった内容のハガキが届き、さらに担当者から「あなたの購入した未公開株も規制されており、解除には100万円が必要」などと言われ、現金100万円をだまし取られました。
 このような内容の連絡は詐欺です。ご注意を!!!

添付1: https://mm.police.pref.yamaguchi.lg.jp/mailmag/sys/return.php?p=201401291427448692199114.pdf
クリックすると詳細がごらんになれます。
関連記事

Posted on 2014/01/29 Wed. 14:51 [edit]

category: 防犯交通安全情報

TB: --    CM: --

29

地域包括ケアフォーラムの開催について 

地域包括ケアフォーラムの開催について

1 件名

地域包括ケアフォーラムの開催について

2 目的

だれもが生涯にわたり、住み慣れた地域で安心していきいきと暮らせるよう、医療・介護や生活支援サービス等を切れ目なく提供する「地域包括ケアシステム」について、医療・介護等従事者はもとより、広く県民に対して普及啓発を目的とするフォーラムを開催する。

3 日時

平成26年2月2日(日曜日)13時00分から16時30分まで

4 場所

山口県立大学講堂 桜圃会館(山口市桜畠3-2-1)

5 主催

山口県、公立大学法人山口県立大学

6 後援

一般社団法人山口県医師会、山口県介護支援専門員協会、山口県地域包括・在宅介護支援センター協議会、生涯現役社会づくり学会

7 内容

■ 13:00~ 開会・あいさつ

■ 13:10~ 基調講演「地域包括ケアシステムについて考える」

◎ 講師 高室成幸氏 (ケアタウン総合研究所 所長)

■ 14:50~ 休憩

■ 15:05~ 事例紹介「地域包括ケアシステムの構築に向けての取組み」

◎ 発表者 上野丘恵氏 (長門市地域包括支援センター 保健師)

■ 15:35~ シンポジウム「各職種の取組から考える地域包括ケア」

◎ パネリスト

河村康明氏(山口県医師会専務理事)

佐々木啓太氏(山口県介護支援専門員協会長)

吉村直美氏(下関市豊北地域包括支援センター長)

丸本幸子氏(岡山県美咲町社会福祉協議会地域福祉主任)

◎ コメンテーター 高室成幸氏 (ケアタウン総合研究所 所長)

◎ コーディネーター 横山正博氏 (山口県立大学社会福祉学部教授)

■ 16:30  閉会・閉会あいさつ

8 参加者

一般県民及び医療・福祉・介護関係者等 約300名


お問い合わせ先

長寿社会課生涯現役社会づくり班
Tel:083-933-2796
Fax:083-933-2809
Mail: a13400@pref.yamaguchi.lg.jp
関連記事

Posted on 2014/01/29 Wed. 12:49 [edit]

category: お知らせ

TB: --    CM: --

29