10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

うえおか康彦活動日誌

山口県議会議員上岡康彦の活動日誌

大好き!やまぐち 平成29年9月23日「保育士バンク」に登録しませんか? 

関連記事

Posted on 2017/11/30 Thu. 15:28 [edit]

category: お知らせ

TB: --    CM: --

30

平成29年11月定例会 議案説明要旨 

平成29年11月定例会 議案説明要旨


 本日は、平成29年度一般会計補正予算その他の諸案件につきまして、御審議をお願いするため、お集まりをいただき、厚くお礼を申し上げます。
 そして、ただ今栄えある表彰を受けられました議員の皆様方、誠におめでとうございました。

 議案の説明に先立ちまして、御報告申し上げます。
 まず、来年度当初予算編成についてです。
 本県財政は、歳出が歳入水準を上回り、恒常的に財源不足が生じる硬直化した財政構造となっており、来年度の当初予算においても、現時点で約290億円の財源不足が見込まれるなど、依然として厳しい状況にあります。
 このため、収支均衡した自立・安定的な行財政基盤の確立に向け、行財政改革統括本部を中心に、徹底した行財政構造改革に取り組んできているところです。
 本部設置後、初年度となる来年度の予算編成に当たっては、その基本方針として、「財政健全化に向けた行財政構造改革の確実な具現化」を掲げ、改革を確実に進めていく考えです。
 一方で、本県の未来をしっかりと見据え、活力ある県づくりを進めていくためには、人口減少問題や地方創生の実現など、多くの困難な課題に立ち向かわなければなりません。
 このため、特に重点的・優先的に取り組むべき事項を「施策重点化方針」として示し、本県の未来を切り拓く「3つの維新」への挑戦に向け、行財政構造改革により捻出された財源を活用しながら、新たな施策を構築し、その推進に重点的に取り組んでいくこととしています。
 私は、来年度予算編成の中で、収支均衡した財政構造への転換に向けた道筋をつけた上で、県政を停滞させることのないよう、本県が直面する諸課題の克服に向けた取組を、切れ目なく、速やかに進めていきたいと考えています。

 次に、「山口ゆめ花博」についてです。
 先月の実行委員会総会で承認された実施計画に基づき、「山口ゆめ花博」の開催準備は、その取組が一段と本格化してきています。
 とりわけ、目標来場者数50万人以上の達成に向け、県内各地でのPR活動やSNS等を活用した広報宣伝を重点的に進めるとともに、県内外からの旅行商品の造成を促進するなど、観客誘致にも精力的に取り組んでおり、来春からは、前売入場券の販売も開始いたします。
 また、「ゆめの未来公園はじまる」をキャッチフレーズに、多くの県民や企業、団体がアイデアを持ち寄り、「みんなでつくる花博」としていくため、ステージイベントや運営サポート等の多様な参加の場を設け、今月からその募集を開始したところです。
 来年9月の開幕に向け、今後も県内の幅広い主体としっかりと力を合わせながら、取組をさらに加速し、その内容を充実させてまいりますので、県議会をはじめ、関係各位の一層の御支援、御協力をお願いいたします。

 次に、最近の経済情勢についてです。
 我が国経済は、雇用・所得環境の改善が続くなかで、緩やかに回復していくことが期待されていますが、海外経済の不確実性や金融資本市場の変動の影響に留意する必要があるとされています。
 こうした中、国においては、経済最優先という考えのもと、「人づくり革命」と「生産性革命」を実現するための新しい政策パッケージを早急に取りまとめ、年内には、本年度補正予算を編成する方針が示されています。
 一方、県内経済については、緩やかに回復しているものの、海外情勢や為替・株価の動向、県内の人手不足が及ぼす影響などに注視する必要があります。
 私としては、今後の国の対策や経済情勢の動向等を踏まえながら、引き続き、活力みなぎる山口県の実現に向け、適切に対処していく考えです。

 それでは、提出議案の概要について御説明申し上げます。

 議案第1号は、平成29年度一般会計補正予算です。
 今回の補正予算は、当面緊急を要する経費について、所要の補正を行うものであり、補正総額は、1億800万円、補正後の予算規模は、6,819億2,100万円となっています。
 その主な内容としては、まず、山口ゆめ花博の内容充実とPR促進による誘客拡大を図るため、花博の応援に特化した「ふるさと納税」を新たに実施することとし、1億円を計上しています。
 また、明治150年プロジェクトの更なる推進を図るため、国の地方創生推進交付金を活用して、人材育成等の取組を充実することとし、所要の予算を計上しています。
 また、建設事業に係る繰越明許費について、用地交渉の遅延等により、19億5,600万円を設定しています。
 このほか、公共工事における端境期対策として、道路や河川事業など、30億円の債務負担行為を設定することにより、施工時期の平準化を図り、建設業の経営健全化と働き方改革を推進することとしています。
 一方、歳入予算については、歳出との関連において、寄付金1億円、国庫支出金400万円を追加するほか、所要の一般財源については、繰越金400万円をもって措置しています。

 議案第2号から議案第10号までは、条例の制定、改正及び廃止に関するものです。
 議案第2号は、国民健康保険法等の一部改正に伴い、国民健康保険保険給付費等交付金の交付及び国民健康保険事業費納付金の徴収について、必要な事項を定めるため、条例を制定するものです。
 議案第3号は、国民健康保険法等の一部改正に伴い、改正及び廃止を要する関係条例について、
 議案第4号は、自動車保有関係手続に係るワンストップサービスの導入に伴い、改正を要する関係条例について、
それぞれ一括して整備等を行うものです。

 議案第5号から議案第10号までは、いずれも条例の一部を改正するものであり、人事委員会の勧告に基づく諸手当の改定等を行うものです。

 議案第11号から議案第17号までは、事件議決に関するものです。
 議案第11号は、工事の請負契約の締結について、
 議案第12号は、財産を出資の目的とすることについて、
 議案第13号は、物品の買入れについて、
 議案第14号は、調停を成立させることについて、
 議案第15号は、損害賠償の額を定めることについて、
 議案第16号は、公立大学法人山口県立大学の定款を変更することについて、
 議案第17号は、当せん金付証票の発売金額について、

それぞれ県議会の議決をお願いするものです。

 この際、御報告を申し上げます。
 訴訟上の和解をすること及び交通事故等による損害賠償の額を定めることについては、専決処分により、処理をいたしました。
 また、県が出資等を行っております法人の経営状況を説明する書類については、別添のとおり作成しましたので、提出をいたします。

 以上、提出議案等について、その概要を御説明申し上げました。何とぞ御審議のほど、よろしくお願い申し上げます。

 この機会をお借りいたしまして、来るべき知事選挙に向けた私の決意を改めて申し上げさせていただきます。

 私は、平成26年2月の知事就任以来、県政運営の指針として策定したチャレンジプランに即し、地方創生など国の政策ともしっかりと連携しながら、人口減少問題をはじめ、本県が抱える様々な課題を「突破」し、「活力みなぎる山口県」を実現するための挑戦を重ねてまいりました。
 この間、本県の強みを活かした産業戦略の重点的な取組の中で、国際バルク戦略港湾や山陰道をはじめとする社会基盤の整備が進み、約100件に及ぶ企業誘致や過去最高の観光客数など、目に見える多くの成果も得てまいりました。
 また、結婚・出産・子育て支援の充実や中山間地域づくりの推進、防災対策の強化にも取り組み、行財政基盤の面では、県債残高が半世紀ぶりに減少へと転じたところです。
 これも、ひとえに議員各位の御指導と御支援、また、県民の皆様の御理解と御協力のお陰であり、ここに改めて、心から感謝を申し上げる次第です。
 しかしながら、最大の課題である人口減少には、歯止めがかかっておらず、また、県財政についても厳しい状況にあるなど、県政には、多くの困難な課題が残されています。
 これを突破し、山口県の新たな活力を創出していくためには、これまでの成果の上に立ち、未来への確かな道筋を描き、力強く前に進めていかなければなりません。
 また、少子高齢化の克服に向け、産業構造や社会保障制度の転換など、国の取組も大きく変化しようとしており、県としても、その行方をしっかりと見極め、的確に対処していくことも必要です。
 そして、そのための更なる挑戦に自らが先頭に立って取り組むことが私の果たすべき責務と考え、次期知事選挙への立候補を表明させていただいたところです。
 来年は、明治改元から150年を迎え、明治150年プロジェクトの中核イベントとして「山口ゆめ花博」も開催いたします。
 私は、明治150年を契機に、山口県の未来をしっかりと切り拓いていけるよう、本県の強みを最大限に活かし、活力の源となる産業力を伸ばす「産業維新」、潜在力を活かし人や物の流れを飛躍的に拡大し、山口県を活性化する「大交流維新」、そして、誰もが希望を持って、いつまでも安心して暮らし続けられる基盤を作る「生活維新」の「3つの維新」に積極果敢に挑戦してまいる決意です。

 議員各位をはじめ、県民の皆様の更なる御指導、御支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。
関連記事

Posted on 2017/11/30 Thu. 13:19 [edit]

category: 2017年議会報告

TB: --    CM: --

30

気象防災情報 

平成29年11月30日10時24分 下関地方気象台発表

山口県の注意警戒事項
 西部、北部では1日昼前まで、中部、東部では30日夕方から1日昼前まで、強風に注意してください。


===================================
周南市 [発表]強風注意報 
 風 注意期間 30日夕方から 1日昼前まで
   北西の風
   海上 最大風速 10メートル
関連記事

Posted on 2017/11/30 Thu. 13:17 [edit]

category: 気象防災情報

TB: --    CM: --

30

見守り新鮮情報 第296号 

見守り新鮮情報 第296号
◇発行:独立行政法人国民生活センター◇
   ____________________________

     クレジットカードの利用明細書は必ず確認しましょう
   ____________________________

クレジットカード会社から「口座残高不足」の案内が届いた。慌てて利用明細
書を確認したところ、20万円以上の請求があり、ほとんど心当たりがない請求
だった。改めて以前届いた明細書も見直してみると、約1年間で合計60万円ほど
の利用した覚えのない請求があった。不正利用ではないかと思う。明細書を確
認していなかった非は認めるが、どうにかならないか。(70歳代 男性)
===================================
<ひとこと助言>
☆クレジットカード会社から送られてくる利用明細書に、利用した覚えのない
 請求が含まれていたという相談が寄せられています。
☆クレジットカード会社の調査等により、第三者による不正利用だったことが
 分かる場合もあります。
☆利用明細書は必ず定期的に確認することが大切です。クレジットカードを利
 用した際に受け取った伝票等と突き合わせ、確認をしましょう。利用した覚
 えのない請求があったら、早急にクレジットカード会社にその旨を連絡しま
 しょう。
☆困ったときは、お住まいの自治体の消費生活センター等にご相談ください
 (消費者ホットライン188)。

イラスト入りリーフレット(PDF形式)はこちらのURLからご覧いただけます。
http://www.kokusen.go.jp/mimamori/mj_mglist.html
関連記事

Posted on 2017/11/29 Wed. 09:54 [edit]

category: 防犯交通安全情報

TB: --    CM: --

29

メルマガ周南警察 

【高齢者交通死亡事故多発警報】
~本年4回目の発令!~
山口県内では、11月20日(月)から27日(月)の8日間に4件の高齢者関与の交通死亡事故が発生したことから、交通安全山口県対策協議会会長(山口県知事)名で「高齢者交通死亡事故多発警報」が発令されました。

添付1: https://mm.police.pref.yamaguchi.lg.jp/mailmag/sys/return.php?p=151184621739735951460.pdf
関連記事

Posted on 2017/11/29 Wed. 09:50 [edit]

category: 防犯交通安全情報

TB: --    CM: --

29

やまぐち食の安心・安全メール第107号 

やまぐち食の安心・安全メール第107号

■ ジビエ(野生鳥獣の肉)はよく加熱して食べましょう!
狩猟期に入りジビエを入手する機会が増えますが、イノシシ肉やシカ肉を生や加熱不十分なままで食べると、E型肝炎や腸管出血性大腸菌などの食中毒のリスクが高くなったり、寄生虫などの感染症のおそれもあります
ジビエを安全に食べるために、次のことに注意しましょう
・生で食べないようにしましょう
・肉類を加熱する時は、生焼けにならないよう肉の中心部まで十分に火を通しましょう
・生の肉類と加熱済みの肉類は分けて取扱いましょう。取扱う箸や皿も区別して使いましょう

■ 生肉や加熱不足の肉を原因とする主な食中毒
〈E型肝炎〉
主な症状:黄疸、発熱、腹痛、嘔吐
潜伏期間:15日〜50日
〈カンピロバクター〉
主な症状:下痢、腹痛、発熱
潜伏期間:2日〜7日
〈腸管出血性大腸菌(O157、O111など)〉
主な症状:激しい腹痛、下痢(血便を含む)
潜伏期間:1日〜14日

■山口県野生鳥獣肉の衛生管理ガイドライン
山口県では、県内に流通する野生鳥獣肉の安全性を確保するため、「山口県野生鳥獣肉の衛生管理ガイドライン」を策定しています。
野生鳥獣肉を食肉として流通・消費する場合は、このガイドラインを活用して、衛生管理を徹底していただくようお願いします。

山口県生活衛生課HP
http://www.pref.yamaguchi.lg.jp/cms/a15300/syoku/yasei-chouju.html
 厚生労働省HP
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000032628.html
関連記事

Posted on 2017/11/27 Mon. 15:08 [edit]

category: お知らせ

TB: --    CM: --

27

気象防災情報 

平成29年11月27日02時25分 下関地方気象台発表

山口県の注意警戒事項
 西部、東部、北部では、27日昼前まで強風に注意してください。山口県では、27日昼前まで濃霧による視程障害に注意してください。


===================================
周南市 [発表]濃霧注意報 
 濃霧 注意期間 27日昼前まで
   陸上 視程 100メートル以下
関連記事

Posted on 2017/11/27 Mon. 09:58 [edit]

category: 気象防災情報

TB: --    CM: --

27

「平成29年度やまぐち働き方改革セミナー」の開催について 

「平成29年度やまぐち働き方改革セミナー」の開催について

○ 働きやすい職場環境づくりやそれによる生産性の向上など、働き方改革の実現に向けた機運を高めるため、「働き方改革セミナー」を開催します。
○ 経営者や管理職の方必見・必聴のセミナーです!!
 ・ 出産倍増、年休3倍増で売上も倍増、就活学生が殺到する中小企業の秘密とは?
 ・ 経営者を説得し、従業員のやる気を引き出した管理職の取組とは?
 ・ なぜ働き方改革がうまくいかないのか、陥りやすい落とし穴とは?

1 日時・場所

平成29年12月21日(木曜日)14時10分~16時30分
山口県総合保健会館2F多目的ホール(山口市吉敷下東三丁目1番1号)

2 実施内容

(1) 開会
知事挨拶
(2) 表彰式(受賞企業等は別添のとおり)
子育て応援優良企業4社、イクメン応援優良企業2社、イクボス表彰4名
「誰もが活躍できるやまぐちの企業」シンボルマーク最優秀作品1名
(3) 認定証交付式
「誰もが活躍できるやまぐちの企業」平成29年度認定企業9社
(4) 先進事例紹介
株式会社エムワン(三重県松阪市)人事部課長 柴田(しばた)佐織(さおり)
テーマ『働き方改革で企業力アップ!その具体的取り組みと働き方改革推進のヒント』
(5) 講演
少子化ジャーナリスト・作家・相模女子大学客員教授
内閣官房「働き方改革実現会議」有識者議員 白河(しらかわ)桃子(とうこ)
テーマ『御社の働き方改革、ここが間違ってます!現場を変えるのは何か』

3 参加者

 ・ 企業・団体・行政機関等の管理職・従業員の方をはじめ、県民の皆さんどなたでも参加自由
 ・ 参加を希望される方は、参加申込書(別添チラシ)を提出してください。

4 入場料等

入場無料、無料の託児あり(要予約)
関連記事

Posted on 2017/11/24 Fri. 09:21 [edit]

category: お知らせ

TB: --    CM: --

24

メルマガ周南警察 

【交通死亡事故連続発生!】
~11月20日に3件発生~
11月に入り、交通死亡事故が多発しています。
11月20日現在で、11人の方が亡くなられ、うち9人は高齢者です。
夜間の反射材・ハイビームの活用はもちろんのこと、思いやりと譲り合いの心で高齢者を交通事故の被害から守りましょう。


添付1: https://mm.police.pref.yamaguchi.lg.jp/mailmag/sys/return.php?p=151132210362517492618.pdf
関連記事

Posted on 2017/11/22 Wed. 13:40 [edit]

category: 防犯交通安全情報

TB: --    CM: --

22

見守り新鮮情報 第295号 

見守り新鮮情報 第295号
◇発行:独立行政法人国民生活センター◇
   ____________________________

    焦る「親心」に付け込む結婚相手紹介サービス業者に注意
   ____________________________

自宅に「結婚適齢期のお子さんはいませんか」と結婚相手紹介サービス業者か
ら電話があり、訪問を了承した。「息子さんの収入は関係ない。来年までに結
婚できるようにする」と説明され、業者が提供する親の会の入会金5万円を支
払った。しかし、何度催促しても相手を紹介してもらえない。説明と違うので
解約したい。(70歳代 女性)
===================================
<ひとこと助言>
☆親に対して電話や家庭への訪問を行い、親心に付け込んで契約をさせる結婚
 相手紹介サービス業者とトラブルになるケースがあります。中には「子の未
 婚は親の責任」と不安をあおり、契約を迫るケースもみられます。
☆子どもを心配する親心に付け込み、「絶対結婚できる」などと断言するよう
 な業者には十分注意しましょう。
☆結婚について子どもと十分に話し合うことが大切です。その上で、複数の業者
 を比較検討し、サービスの内容等を契約書等で確認しましょう。
☆一定の要件を満たせばクーリング・オフや中途解約が出来る場合があります。
 疑問や不安を感じたら、お住まいの自治体の消費生活センター等にご相談く
 ださい(消費者ホットライン188)。

<詳細>
子の未婚は親の責任?-結婚相手紹介サービスの、親への訪問や電話勧誘にご
注意ください-
http://www.kokusen.go.jp/news/data/n-20171019_1.html
関連記事

Posted on 2017/11/22 Wed. 10:03 [edit]

category: 防犯交通安全情報

TB: --    CM: --

22