05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

うえおか康彦活動日誌

山口県議会議員上岡康彦の活動日誌

梅雨期の災害に備えましょう! 

梅雨期の災害に備えましょう!

 福岡管区気象台は、5月28日「山口県を含む九州北部地方は、梅雨入りしたと見られます」と発表しました。
 梅雨期は、大雨や長雨による土砂災害や水害が発生しやすくなります。災害から身を守るため、「自分の安全は自分で守る」という気持ちで、日ごろから準備をして、早め早めの防災行動をとるようにしましょう。


1 日頃からの備え
市町が作成しているハザードマップを活用して、住んでいる地域の危険箇所、避難場所、避難経路を確認しましょう。
避難の際に持ち出す非常持出品を用意しましょう。服用薬や粉ミルクなど、各家庭で必要と思われるものも確認しておきましょう。
水や食料などの備蓄品を最低3日分、各家庭で用意しましょう。
いざというときに家族が慌てず行動できるように、普段から集合場所や安否確認の方法など家族で話し合いましょう。

2 大雨が降り出したら
気象台が発表する最新の防災気象情報をテレビ、ラジオ、インターネットなどで随時確認しましょう。
山口県は、防災やまぐち、Lアラート※等を通じて、防災情報を配信しますので、随時確認しましょう。   ※Lアラート…避難勧告等の災害情報を集約し、多様なメディアを通じて、住民に情報配信するシステム。
大雨による災害に巻き込まれないよう、不要な外出は控えましょう。
市町から避難勧告や避難指示が発令されていない場合であっても、危険を感じた場合や、避難に時間がかかる場合は、自らの判断で早めに避難しましょう。
http://origin.bousai.pref.yamaguchi.lg.jp/pub_web/portal-top/

3 避難をするときには
避難は原則として徒歩で行いましょう。
非常持出品は、ナップサック等に入れて背中に背負い、両手が使える状態にしましょう。
冠水時は、足元に注意し、前方を杖などで確認しながら移動しましょう。
歩きやすい靴を履いて避難しましょう。
家族や隣近所の人と声を掛け合って、ある程度かたまって避難しましょう。
浸水や暴風雨により避難場所に避難することが危険な場合には、自宅や隣接する建物の2階以上に避難するか、崖から離れた側の部屋に移動するなど、できるだけ安全な行動をとりましょう。

4 関連リンク
下関地方気象台
http://www.jma-net.go.jp/shimonoseki/
山口県土木防災情報システム
http://y-bousai.pref.yamaguchi.lg.jp/kco_top.aspx
山口県土砂災害警戒情報システム
http://d-keikai.pref.yamaguchi.lg.jp/dosya/YD-0000-P.aspx
関連記事

Posted on 2018/06/06 Wed. 09:22 [edit]

category: 気象防災情報

TB: --    CM: --

06