05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

うえおか康彦活動日誌

山口県議会議員上岡康彦の活動日誌

文教警察委員会委員長報告書 

文教警察委員会委員長報告書

平成24年11月定例会

 

 文教警察委員会を代表いたしまして、本委員会における議案の審査の経過並びに結果について御報告を申し上げます。

 審査に当たりましては、関係議案及び所管事項全般にわたり、執行部に説明を求め、質疑、検討の結果、議案第1号のうち本委員会所管分については、全員異議なく、可決すべきものと決定いたしました。

 

 次に、審査の過程における発言のうち、その主なものについて申し上げます。

 まず、教育関係では、

 次期山口県教育振興基本計画について

 この度、次期計画の概要(案)を示され、今後、素案を策定されるとのことだが、計画の策定に当たっては、教育基本法の精神及び一般的に「防長教育」といわれているものの精神をしっかり踏まえながら、全国に誇れるよう、山口県教育の特色を出していく必要があるのではないかと考える。

 計画の策定にあたって、どのような認識で取り組まれるのか。

 

 との質問に対し、

 教育基本法においては、「人格の完成」や「個人の尊厳」などの普遍的な理念を継承し、知・徳・体の調和がとれ、生涯にわたって自己実現を目指す自立した個人、公共の精神を尊び、国家・社会の形成に主体的に参画する国民、我が国の伝統と文化を基盤として国際社会を生きる日本人の育成を目指すとされている。

 また、山口県は、教育や人材の育成に熱心な県民性があり、本県教育の特色は、豊かな先見性、進取の気質、質実剛健の気風、郷土を愛し郷土に奉仕する精神等であり、その源流は、「防長教育」にあるといわれている。

 こうした精神を計画の中に反映し、「防長教育」の誇りと伝統を引き継ぎ、新たに、「未来を拓くたくましい『やまぐちっ子』の育成」を基本目標に設定したいと考えている。

 また、目標像が明確となるよう、学ぶ力・創る力・生き抜く力の「3つの力」、広い心・温かい心・燃える心の「3つの心」を目標実現の視点とし、今後の山口県教育の方向性や、具体的な取組みを示していきたいと考えている。

 との答弁がありました。

 

 これに関連して、

○ 次期教育振興基本計画の目標設定や数値目標について

 などの発言や要望がありました。

 

 このほか、

○ 周防大島高校の改編に係る地元への説明について

○ 通学路安全対策の進捗状況について

○ 教職員の選挙関連のビラ配りについて

○ 学校におけるノロウイルス対策について

○ いじめ問題に係る緊急全国調査の結果について

○ 過疎地や離島での自然体験活動の推進について

○ 副校長の導入について

○ 日本ジャンボリーの進捗状況について

 などの発言や要望がありました。

 

 次に、警察関係では、

 特定危険指定暴力団の指定について

 改正暴対法に基づく「特定危険指定暴力団」の指定が行われると聞いているが、指定した場合どのような効果が期待できるのか。

 また、「警戒区域」を市町ごとに指定するとのことだが、指定されない自治体ではどのように対応するのか。

 との質問に対し、

 この度の改正暴対法に基づき、山口県公安委員会において、指定暴力団五代目工藤會を「特定危険指定暴力団」に指定することが決定され、過去の事件発生状況や、組織の実態、組員の存在等の要件により、県内では、下関市、山口市、防府市が「警戒区域」に指定されることとなる。

 これにより、警戒区域において特定危険指定暴力団の構成員が、市民に対し、不当な要求行為を行った場合、直ちに捜査の対象となり、構成員を検挙することが可能となった。

 なお、警戒区域に指定されない他の区域においては、特定危険指定暴力団の構成員が、市民に対して不当な要求行為を行った場合、直ちに検挙することはできないが、中止命令や各種法令を駆使して暴力団対策に万全を期すこととしている。

 との答弁がありました。

 

 これに関連して、

○ 県内の暴力団情勢の変化について

 などの発言や要望がありました。

 

 このほか、

○ 警察学校の訓練時における事故の発生状況について

○ 通学路の安全対策の進捗状況について

○ インターネットを悪用した犯罪への対応について

○ 警察安全相談への対応及び受理体制について

○ 高齢者の交通事故防止対策について

○ いじめ問題に対する警察と学校の連携について

○ 留置施設の監視体制について

 などの発言や要望がありました。

 

 終わりに、請願について御報告申し上げます。

 本委員会に付託された、請願第2号及び第3号については全員異議なく、「採択すべきもの」と決定いたしました。

 次に、請願第4号について、高校教育の無償化政策については、国の責任と負担において検討されるべきとの意見や、学級編制における児童生徒数及び、複式学級の解消については、関係法令の改正などが必要であり、本県独自での対応は難しいとの意見、また、高校再編については、従前から関係者の意見をしっかり聞いて、2年ごとに再編整備計画の見直しも行われるなど、適切に取り組まれているとの意見があり、採決の結果、「不採択とすべきもの」と決定いたしました。

 

 以上をもちまして、本委員会の報告といたします。
関連記事

Posted on 2012/12/31 Mon. 00:29 [edit]

category: 2012年議会報告

TB: --    CM: --

31