06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

うえおか康彦活動日誌

山口県議会議員上岡康彦の活動日誌

手足口病の流行発生警報の発令について 

手足口病の流行発生警報の発令について

手足口病患者の定点当たり報告数が平成30年第26週(6月25日~7月1日)に5.45人となり、警報の基準としている定点当たり5人以上を上回りました。
(既に全国的には、前週に九州の5県が警報基準を上回っています。)
これから流行期である夏季にかけて、さらなる感染の拡大が予想されることから、本日、県下全域に「手足口病流行発生警報」を発令しました。
手足口病は、平成27年、平成29年においても、この時期に流行しています。
これから次の点に注意して感染予防に努めましょう。

≪手足口病について≫
○ 特徴
乳幼児を中心に夏に流行する感染症です。
○ 症状
 ・ 2から3mmの水疱性発疹(口腔内の粘膜や手のひら、足の裏などに出現)
 ・ まれに髄膜炎などの合併症を伴うことがあるため、高熱、頭痛、おう吐などの症状がある場合は早めに医療機関を受診しましょう。
○ 感染経路
 ・ 飛沫感染:咳やくしゃみ等に含まれるウイルスによって感染
 ・ 経口・接触感染:水疱の内容物や、便に排出されたウイルスが手などを介して口や目に入って感染
○ 感染予防
手足口病にワクチンや特効薬はありませんが、日頃から手洗いの励行(特に食前、おむつ交換の後等)を心がけ、タオル等の共有はやめましょう。
関連記事

Posted on 2018/07/05 Thu. 14:59 [edit]

category: お知らせ

TB: --    CM: --

05